アクセス数が減ったブログへのアクセスを戻すためには?

2022年も1月が終わりそうですが、この記事で今年3記事目となります。この間、雪掻きを含めてちょっと色々と作業を行っていました。もっとも、その作業ではすぐに報酬が発生するというものではありませんが、この作業を進めて行けば徐々に報酬が発生してくるものです。

それはひとまず置いておいて、今回の記事では記事タイトルにもあるようにアクセス数が減ったブログを復活というか再生させるために色々と作業を行っていました。

というか、まだ準備段階ですが、この準備~作業の過程をブログ記事として残しておくためにこの記事を書いているので、備忘録みたいな記事になると思います。

アクセス数が減ったブログとは?

正確に言えば、アクセス数→ページビューが減ったブログなのですが、ここではあくまでもアクセス数が減ったブログとして書いていきます(笑)

基本的にアクセス数が減ればページビューも減りますが、当記事では細かい事は気にしません。

ちなみに、このアクセス数が減ったブログですが、2018年3月より運用を開始したクレジットカードに特化したブログです。2018年からなので、期間で見れば今年の3月で4年の運用期間という事になります。

アクセス数が減ったブログの概要

今回、再生を誓ったクレジットカードブログの概要は下記の通りです。

項目 内容の詳細
ジャンル クレジットカード特化ブログ
記事数 最大時189記事(2021年7月時点)
更新頻度 2018年3月~2021年6月まで5記事/月
検索順位 複数のロングテールキーワードで検索1位
最高アクセス数 2019年5月、6,162アクセス(アナリティクスでの数値では無い)
主な収益源 Googleアドセンス、1クリック単価が100円以上になる事はザラにあります

 

ちなみに、このクレジットカードに特化したブログの最盛期のアクセス状況は下記の通りです。

アクセス数1905

ブログ再生に至った経緯

このクレジットカード特化ブログ、2021年6月後半から急激にアクセス数が減少していましたが、他のブログの更新作業が忙しかったせいもあって1ヶ月間くらい放置していました。

ただ、せっかく200記事近くの記事を投稿していた事もあって、ちょっと手直ししようと思いたった事が始まりです。今から半年くらい前の話なんですが、実はその時1ヶ月くらいかけてブログの手直しをした後、何とまた放置してしまったのです。

そこで、当時ブログを手直しした際の作業内容は下記の通りです。

●ほとんどアクセス数がなかった記事を下書きに戻す
●そこそこアクセス数のある記事をリライトして再投稿

これら2つの事について、約1ヶ月間作業を行っていました。ちなみに、当時ブログには189記事が投稿されていましたが、ほとんどアクセス数の無かった記事を下書きに戻した結果、残った記事はちょうど100記事になりました。ほぼ半分の記事にはほとんどアクセス数が無かったことになりますね。

ブログのアクセス数の推移

ここでは、ブログのアクセス数の減少が始まる前(2021年6月)から手直し(2021年8月)、そしてその後の放置期間を経て現在までのGoogleアナリティクスにおけるアクセス数の推移について、キャプチャ画像を掲載します。

 

2021年6月(3,055)

アナリティクス2106

ブログへのアクセス数が減少する前の月でその数は約3,000アクセス。

 

2021年7月(1,409)

アクセス2107

先月からのアクセス数が一気に半数以下に減少。

 

2021年8月(1,488)

アクセス2108

ブログの手直し中ですが、アクセス数は微増。(誤差の範囲か?)

 

2021年9月(2,046)

アクセス2109

ブログへのアクセス数が少しずつ増えてきているのが分かります。(ブログ放置中)

 

2021年10月(2,270)

アクセス2110

先月からブログへのアクセス数が微増。(相変わらずブログ放置中)

 

2021年11月(2,839)

アクセス2111

先月からブログへのアクセス数が約30%増える。(相変わらずブログは放置中)

 

2021年12月(3,428)

アクセス2112

先月からブログへのアクセス数が約20%ほど増える(ブログは完全放置中)

 

2022年1月(3,982)

アクセス2201

先月からブログへのアクセス数が約15%増える。(ようやくブログの手直しへ着手)

 

とまあ、こんな感じで昨年6月から今年1月までのブログへのアクセス数の推移を確認してきましたが、昨年8月の手直し作業以降はまあまあ順調にアクセス数が復活してきている事が分かります。

やはり、ブログ全体の質というか評価というか、個別記事を精査して下書きに戻す、またはリライトするなどの作業は、その後のアクセス数を増やすためには十分有効な方法だという事が分かります。

 

ただ、今回の手直しではブログの有料デザインのアップグレードを行ったため、検索順位にある程度影響が出る可能性があります。

賢威7.0→8にアップグレードしたため、内部構造がかなり変わってしまったらしい。

というか、今回の手直しではブログ記事うんぬんよりもまずはブログデザインを最適化しないと、以前のブログとはかなり見た目が変わってしまっているのでちょっと読みづらい印象があります。

また、賢威8で新たに追加された機能もあるようで、それによって今まで使ってきたプラグインがいくつか不要になりそうなので、その辺りの精査もこれから行っていく予定です。

 

ぽんちゃん
ブログ運営の途中でデザインを変更すると色々な作業が必要になる可能性があるため、デザインの変更には注意が必要です。

まとめ

●ブログの再生には不要な記事の下書き&記事のリライトが有効
●ブログ運営途中でのデザイン変更はデザインの手直しに時間が掛かってしまう

アクセス数が減少したブログを復活させるためには、今まで投稿された記事を精査して、下書きまたはリライトする事によってブログ全体の価値を上げる事が出来ればその後アクセス数が戻ってくる可能性は十分あります。

また、ブログのデザインについては、運営途中での変更はデザインの修正はもとより、ブログの内部構造の変更により良くも悪くもGoogle検索順位への影響が出る可能性があるため注意が必要です。

よかったらシェアしてね!