WordPressの記事中に見出しを入れて読みやすくする

WordPressブログでは、記事投稿の際に様々な装飾を入れて記事を読みやすくまた華やかに彩る事が可能です。そのためには、様々な装飾の入れ方や修正方法などを少しづつでも覚えておいた方が良いです。

そして、ブログの記事を読みやすくするための方法として、文章の中に見出しを入れることも重要になってきます。

この見出しを入れる事によって文章ごとにまとまりが出てくるため、とても読みやすい記事に仕上げる事が可能になります。ただ、記事に見出しを入れる際にはいくつか注意すべき点がありますので、それも含めて今回の記事で説明します。

WordPressの見出しについて

 

WordPressの見出しですが、これは何もWordpressに限った事では無く、Wordなど他の文章作成ソフトにも言える事ですが、見出し1(H1)~見出し6(H6)くらいまであります。

もっとも、実際に記事中で使用する見出しはH2~H4くらいまでと思われます。(大抵の場合、H1は記事タイトルに適用されるため、記事中では使用されません)

ちなみに、当ブログではWordpressテーマの『Cocoon』を使っており、このコクーンに用意されている見出しのデザインは下記の通りとなっています。

H2見出し

H3見出し

H4見出し

H5見出し
H6見出し

H2見出しが一番サイズが大きくなっており、H3、H4に行くにつれて見出しが小さくなっている事が分かっていただけると思います。(H5やH6はGoogle検索に見出しだと認識させるだけのものと思われます)

WordPressで見出し有りと無しの記事比較

言葉で説明しても、今一つピンとこない方がいるかも知れませんので、下記に見出し無しの画像と見出し有りの画像を掲載したので、ご確認下さい。

 

※見出し無し

日記1

 

※見出し有り

日記2

たった3行の文章なので、その比較は難しいかも知れませんが、見出し有りの文章の方が見出し無しの文章よりも読みやすく、また目立つのではないでしょうか。特に、文字数が多い文章の場合、その差は歴然としてきますので見出しは設定した方が良いです。

WordPressでの見出しの設定方法

それでは、Wirdoressでの見出しの設定方法について説明します。とは言っても、Wordpressで記事中に見出しを入れる方法はそれほど難しい事ではありません。

 

WordPressの記事投稿画面で見出しを入れる場所を選択して下さい。(今回の例では『見出しを入れます』という箇所に見出しを入れます)次に、ツールバーにある『段落』をクリックして下さい。すると、段落(見出し)の一覧が表示されますので、この見出しの中から記事に使用する見出しを選んで下さい。

見出し1

 

②下記画像のように『見出しを入れます』に見出しが設定されました。(今回はH2見出し)

見出し2

WordPressで見出しを入れる際には順番に注意して下さい

先程、Wordpressで使える見出しにはH1~H6までですと説明しましたが、この見出しには数字があるように、大きい見出しほどより大きな意味(重要度)を持っており、見出しの数字が小さくなればなるほどその意味は小さくなります。

そのため、WordPressで見出しを使う際には、必ずH2(H1はタイトルなので)から順番に使うようにして下さい。例えば、H2→H3→H4などのように使うという事です。

というのも、この順番がおかしくなってしまうと、Google検索ロボット(定期的にネット上を巡回してサイトやブログのチェックを行っているプログラム)が訪問してきた際に文法がおかしいという理由で検索順位が下がる可能性があるのです。

 

また、ブログ訪問者からしてみても、H2の次にH4やH5の見出しがあったらどの部分が重要なのかが分からず、記事の内容も頭の中に入って来ない=すぐにブログを離脱してしまう可能性があります。

見出し3

このような感じで見出しが入っていたら、記事としても読みにくくなってしまいますよね?そのため、Wordprsssの記事に見出しを入れる際には、順番通りに見出しを入れて下さい。

 

ぽんちゃん
記事中に見出しが入っているのと入っていないのとでは文章構成においても格段の差があります。

まとめ

●Wordpressの記事内に見出しを入れると文章が読みやすくなる
●見出しを入れる順番はH2→H3→H4というように大きな数字から小さな数字へ

WordPressで記事を投稿する場合には、記事の中に見出しを入れる事によって、ブログ訪問者も読みやすい記事になります。ただ、見出しの順番を間違ってしまうとブログ訪問者に取っても読みにくい記事になる可能性があるため、見出しは順番通りに入れて下さい。

また、あまりに過度な見出しはかえって記事を読みにくくする可能性があるため、適度な見出し数を心掛けて下さい。

よかったらシェアしてね!