独断と偏見でレンタルサーバーのランキング付けを行ってみた

当ブログ内でも何度か説明していますが、あなたがWordpressブログを始めるためには下記の2つが必須となっています。

●独自ドメイン
●レンタルサーバー

そして、この独自ドメイン&レンタルサーバーは、基本的には日本国内に数多くあるドメイン会社&レンタルサーバー会社の中から好きな会社を選んで契約する事になります。

もっとも、中にはレンタルサーバー会社内で独自ドメインの取得も出来るところがあるため、こういった会社と契約すればドメイン&サーバーを一元管理する事が可能です。

そこで、この記事では数あるレンタルサーバー会社の中で、私の経験を元にレンタルサーバーのランキング付けを行いますね。ただ単に、毎月の維持費でレンタルサーバーを決めてしまうと後々後悔する事になるかも知れないので、レンタルサーバー選びは重要になります。

レンタルサーバーランキング

ここからは、数多くのWordpressブログ立ち上げに携わってきた私の経験と偏見によって、各レンタルサーバーの特徴を元にランキング付けを行っていきます。

※全データは当記事執筆時点でのものです。

第一位:エックスサーバー

毎月の維持費 1,000円(X10プラン、12ヶ月)
お試し期間 10日間
最低利用期間 3ヶ月
ディスク容量/ドメイン数 200GB/無制限
データベース数(MySQL) 無制限
メールアドレス数 無制限
WordPress簡単インストール 有り
独自ドメイン 取得可能(永年無料キャンペーン有り)
バックアップ 自動バックアップ機能有り(14日間分)
サポート(5段階) ★★★★★
管理画面の使用感(5段階) ★★★★★
サーバースピード(5評価) ★★★★★
全体的な評価 レンタルサーバーの老舗にしてユーザーからの評価も高い。
管理画面内のメニューは一元管理されておりとても使いやすく、Wordpress簡単インストールはもちろん独自無料SSLの設定も簡単なのでとても使いやすい。
また、サーバースピードも速く、Wordpressの表示はもちろん、WordPressの設定や記事の編集においてストレスを感じる事は皆無である。
数あるレンタルサーバーの中でも、私の中では文句なしのNo.1ですね。

エックスサーバーはこちら

第二位:ConoHa WING

毎月の維持費 720円(WINGパックベーシック、12ヶ月)
お試し期間 無し
最低利用期間 3ヶ月
ディスク容量/ドメイン数 250GB/無制限
データベース数(MySQL) 無制限
メールアドレス数 無制限
WordPress簡単インストール 有り
独自ドメイン 取得可能(永年無料)
バックアップ 自動バックアップ機能有り(14日間分)
サポート(5段階) ★★★★★
管理画面の使用感(5段階) ★★★★☆
サーバースピード(5評価) ★★★★☆
全体的な評価 比較的新しいレンタルサーバー(GMOグループ)。国内最速をうたっているけど、体感的にサーバースピードはエックスサーバーの方が速い。
ただ、そこそこスピードは速いのでWordpressのインストール&設定はもちろん、記事の編集でもストレスを感じる事はあまり無い。
また、管理画面については多少使いづらさがあるが、簡易アクセス解析にて自サイトのアクセス数を確認する事が可能。
さらに、WINGパックでは独自ドメイン料金が永久無料となっており、その勢いはエックスサーバーに迫りつつある。

ConoHa WINGはこちら

第三位:Mixhost

毎月の維持費 980円(スタンダード、12ヶ月)
お試し期間 30日間返金保証
最低利用期間 3ヶ月
ディスク容量/ドメイン数 250GB/無制限
データベース数(MySQL) 無制限
メールアドレス数 無制限
WordPress簡単インストール 有り
独自ドメイン 取得可能(永年無料)
バックアップ 自動バックアップ機能有り(14日間分)
サポート(5段階) ★★★★★
管理画面の使用感(5段階) ★★★☆☆
サーバースピード(5評価) ★★★★☆
全体的な評価 ConoHa WINGと同様、比較的新しいレンタルサーバーだが、90秒で独自ドメイン取得&Wordpressインストールまで行えるなど、他サーバーとの差別化を行っている。
また、独自ドメインが永年無料となっているため、独自ドメインの維持費は不要。
ただ、管理画面については各アイコンで整理されてはいるものの、その数が多すぎてちょっと使いづらい印象がある。
しかし、大手レンタルサーバーでは唯一アダルトサイトOKとなっているので、アダルトサイトを運営する人はmixhost一択である。

Mixhostはこちら

第四位:さくらサーバー

毎月の維持費 524円(スタンダード)
お試し期間 14日間
最低利用期間 3ヶ月
ディスク容量/ドメイン数 100GB/200個
データベース数(MySQL) 50個
メールアドレス数 無制限
WordPress簡単インストール 有り
独自ドメイン 取得可能
バックアップ 自動バックアップ機能有り
サポート(5段階) ★★★★☆
管理画面の使用感(5段階) ★★★☆☆
サーバースピード(5評価) ★★★☆☆
全体的な評価 レンタルサーバーの老舗と言ったら、真っ先に出てきそうな会社がこのさくらサーバー。
Wordpressの簡単インストールや独自ドメイン取得可能など、最低限のシステムは揃っているが、良くも悪くも平均的なレベル。
ただ、Wordpressをインストールする際には、一工夫しないとサブディレクトリにインストールされるため注意が必要。

さくらサーバーはこちら

第五位:ロリポップ

毎月の維持費 750円(ハイスピード)
お試し期間 10日間
最低利用期間 1ヶ月
ディスク容量/ドメイン数 250GB/無制限
データベース数(MySQL) 無制限
メールアドレス数 無制限
WordPress簡単インストール 有り
独自ドメイン 取得不可
バックアップ 7世代バックアップ(月額300円)、自動バックアップ機能有り
サポート(5段階) ★★★★☆
管理画面の使用感(5段階) 検証後に更新します
サーバースピード(5評価) 検証後に更新します
全体的な評価 少し前までの格安レンタルサーバーと言えばロリポップでしたが、今ではさらに格安レンタルサーバーがいくつも出てきているため、すでに格安というイメージは無い。
ちなみに、以前は格安サーバーだったため、管理画面の使用感やサーバースピードに物足りなさを感じていたのは事実。
ただ、最近新登場したハイスピードプランが月額750円(12ヶ月)となっており、このプランに期待。


ロリポップはこちら


 

ぽんちゃん
各レンタルサーバーにはそれぞれに特徴があるため、じっくり検討した方が良いです。

まとめ

●私の独断と偏見のサーバーランキング1位はエックスサーバー
●他のレンタルサーバー会社も追い上げてきている
●アダルトサイトの運営はMixhostのみ

WordPressでブログを始める場合には、レンタルサーバーは欠かせません。そのため、事前にレンタルサーバー会社との契約が必要になりますが、この会社選びを間違えてしまうと後々損をしてしまう可能性があります。

何故なら、選択したサーバーが遅くてブログを別サーバーに移したいと言っても、サーバー移動にはある程度の費用が掛かるため、余計な出費になるからです。

 

そのため、レンタルサーバー選びについては、安いから決めたというような軽い気持ちで決めるのではなく、毎月の維持費はもちろんサーバー性能についても十分比較検討してから決めた方が良いです。

特に、今後Wordpressブログで収益化を図りながら運営していくとなれば、安易に維持費の安さだけで決めてしまうと、後々後悔する可能性が高くなるため注意が必要です。

よかったらシェアしてね!