ヤフオクの有料オプション注目のオークションについて考察

ヤフオク=ヤフーオークションの事ですが、このヤフオクでは注目のオークションという機能があり、注目のオークションでは1日あたりの利用料金によって該当カテゴリー内において上位に表示させる事が可能です。

ちなみに、この注目のオークションですが、ヤフオクで任意のカテゴリーを選択するとデフォルトでおすすめ順での表示になるため、注目のオークションを使っていると自動的に上位で表示される事になります。

 

ただ、この注目のオークション、以前は1日あたりの利用料金の金額に応じて1位から下位まで順番通りに表示されていましたが、数年前から確実に上位に表示されるのは3位までになりました。

つまり、注目のオークションの利用料金が4位以下になってしまうと、高い利用料金を支払っていても確実にその順位で表示される訳ではない=費用対効果が低くなってしまう可能性があるのです。

注目のオークションは入札金額によって異なる

ヤフオクの注目のオークションですが、これを使って検索上位に表示させるためには、注目のオークションの利用料金を現在表示されている掲載順位の利用金額よりも高い金額で設定(入札)する必要があります。

ちなみに、この入札金額ですが最低料金は20円以上となっており最高料金には限度がありません。つまり、注目のオークションにおける最高料金はそこに入札する人によって大きく異なってきます。

カテゴリーによっては、最低料金の1日20円で1位表示が出来るケースがあれば、1日1,000円以上の金額で入札しても1位表示が出来ないケースもあるのです。

 

もっとも、ヤフオクに出品した商品が売れた場合の利益が多ければ、その分注目のオークションに出せる金額も多くなるため、基本的に利益の高い商品=注目のオークションの入札金額が高くなっています。

ただ、そこはやはり1円でも多くの利益を得たいと思うのが人間の心理としてありますので、注目のオークションの入札金額の順位を見ていると、1円刻みで順位が変動している事が良くあります。

注目のオークションは上位3位までが有効

先程もチラッと解説しましたが、注目のオークションにおけるヤフオクのおすすめ順に表示される入札順位は3位までとなっています。そして、入札順位が4位以降になってしまうと他の商品とランダムに表示されてしまうため、ある意味入札金額が無駄になってしまう可能性があります。

例えば、入札順位3位の入札金額が1,000円で4位の入札金額が990円だった場合、たった10円の差額ですが表示される順位が固定とランダムに分かれてしまうため、結果として費用対効果に大きな差が出てしまう可能性があるのです。

そこで、ヤフオクに商品を出品している人で注目のオークションを使っている人は、常に他の人の入札金額を気にしており、何とか3位以上を確保すべく入札金額を設定しているのが現状です。

 

注目のオークション1

 

これはヤフオクのおすすめ順での商品表示の画像ですが、3番目までに表示されている商品の下に『注目度No.1』~『注目度No.3』が表示されている事が分かります。

 

注目のオークション2

 

これは、先程の画像を一部拡大したものですが、これら注目度の1~3=注目のオークションの入札順位1~3位となっています。

そして、このおすすめ順にて上位に表示されている商品は、その露出度が高いため自然と閲覧数が増加するため、結果的に落札=売れる可能性も高くなっていきます。

そのため、ヤフオクで出品している商品を早く売りたいという人は、この注目のオークションを使っているケースが多々あります。

 

ぽんちゃん
ヤフオクの注目のオークションでは上位3位以内の費用対効果が高くなっています。

注目のオークションを有効活用するためには?

注目のオークション

とあるジャンルや商品では、注目のオークションの入札金額がかなり高額になる場合があり、そういったジャンルや商品で注目のオークションを使う場合には少し工夫が必要になります。

そこで、ここでは日頃から私が行っている注目のオークションを有効活用するための方法についていくつか解説しますね。

23時以降に入札(設定)を行う

ヤフオクで出品されている商品の終了時刻を見ていると、概ね夜の21時~23時頃の時間帯が最も多くなっています。

この理由については、この時間帯であれば日中仕事をしている人や家事をこなしている人も落ち着いている時間帯=ゆっくりヤフオクを見ていられる時間帯となっており、結果閲覧数が増加=入札金額の上昇や落札される確率が高くなるからです。

そのため、ヤフオクの出品者はこうした効果を期待して出品商品の終了時刻をこの時間帯に設定しているのです。

 

ただ、23時を過ぎてしまうと、ヤフオクの閲覧数も減少傾向に転じるため、私の経験上この時間帯に注目のオークションを利用して出品している人は、その入札金額を変更する事はあまりしません。

つまり、23時以降に注目のオークションの入札金額を高く(上位3位以内)設定しておくと、翌日の早朝くらいまでこの順位が継続している可能性が高くなるのです。

そして、これも私の経験上ですが朝起きてみるとヤフオクに出品していた商品が落札されていたという事が結構あるため、23時以降に注目のオークションの入札金額を上げておく事は他社と競合する可能性が低くなるため有効になります。

日中もこまめに入札金額をチェック

23時以降に注目のオークションの入札金額を設定した場合、翌朝(8時~9時頃)には入札上位から下がっている可能性もあります。

もっとも、この時間帯になると他の出品者も注目のオークションの入札順位を確認する可能性が高くなるため、自分の入札順位が下がる事も仕方ありません。そのため、ここからは出来る限り注目のオークションの入札順位をチェックする事をお勧めします。

ここまで、せっかく入札金額を設定していたのに入札順位が下がってしまい、結果閲覧数が伸びなく出品商品が売れ残ってしまったら入札金額が勿体ないので、出来る限り入札金額はチェックして下さい。

夕方以降に入札金額を上げる

夕方以降と言えば、日中の勤務を終えた人が自宅に戻り、落ち着いてヤフオクのチェックをする時間が持てる時間帯となっており、この夕方以降はヤフオクの閲覧数も増加傾向になります。

そこで、この夕方以降に注目のオークションの入札金額を3位以内に設定している場合には、かなりの閲覧数が見込める=入札や落札される可能性が高くなります。

そのため、ヤフオクで注目のオークションを利用している人は、日中のチェックとともに夕方以降も入札金額のチェックを行い、必要であれば入札金額を上げて注目のオークション順位3位以内をキープしましょう。

まとめ

●ヤフオク注目のオークションでは上位3位以内が優遇される
●注目のオークションの入札は夜23時以降がおすすめ
●夕方以降は閲覧数が増加=入札&落札される可能性が高くなる

ヤフオクで、早くそして高く商品を売り切るためには注目のオークションは欠かせません。ただ、数年前のヤフオクシステムの改定によって注目のオークションでは上位3位までが有効であり、4位以下ではその効果が激減しています。

そのため、注目のオークションを使う場合には、ちょっとした工夫が必要になっています。

よかったらシェアしてね!